汚れ・傷みがあっても大丈夫?

自分で落とせるシミや汚れは売る前にキレイにしよう!

着物を買取してもらう時に査定額に影響するポイントに、着物のコンディションがあります。汚れやシミなどは一般的に着物の査定額が安くなってしまうポイントです。したがって、出来る限り持ち込む前に汚れを自分でキレイにする必要があります。
自分でケミカルなどを使って落とせるようなシミ、汚れは必ず落としてから持ち込んで下さい。また、シミや汚れを特殊な方法で落としてくれるクリーニング業者はたくさんあるので、査定額よりもそちらのサービス料が少ない場合は、専門業者でキレイにしてから買取依頼をした方が得する可能性があります。つまり、汚れやシミがどれくらい着物の買取額に影響するのかや、あらかじめキレイにしておくべきかどうかは、買取を実施しているお店のシステムや汚れのレベルよって変わってしまいます。

古着の着物を洗浄してから販売するお店も存在する!

基本的に古着の着物はお店が買取った後、そのまま店頭で売り物になるか、古着市場にそのまま流通します。したがって、買取をした後、お店側がクリーニングするケースはとても少ないです。しかし、クリーニングしてくれるお店がまったくないわけではありません。
少ないケースではありますが、クリーニングをすることを込みで買取ってくれるお店もあるので、そのようなお店が見つかれば汚れも心配する必要はありません。さらに、とても貴重な着物になると、大きなシミでなければ買取不可になる可能性はとても低いので、諦めることはありません。
このように、着物買取にとってポイントとなる汚れやシミがある場合は、お店をしっかり調べることと、無料査定の金額を考慮してクリーニングするかどうかを決めるようにして下さい。